免疫力を高めるて癌を

免疫力を高めると癌の発症率が低下する!?

免疫力を高めると癌の発症率が
低下するのでしょうか?

 

 

人間は細胞分裂を行うことで、健康状態や生命を
維持しています。

 

 

細胞分裂で新しい細胞を作り出し、その代わりに
働きの悪くなった古い細胞を排除することで、
体の機能を保っているのです。

 

 

ところがこの細胞分裂の過程で、癌細胞が
生み出されてしまうことがあります。

 

 

そして年をとるにつれて、生み出される確率が
高くなっていきます。

 

 

高齢になるほど癌の発症率が高くなるのは、
そのためです。

 

 

ところが免疫力が高ければ、誕生した癌細胞は
免疫力によって退治されます。

 

 

退治されれば、癌の発症は防がれやすくなります。

 

 

発症したとしても、進行が食い止められるので、
悪化や転移のリスクが低くなるのです。

 

 

逆に免疫力が低いと、癌細胞は退治されることなく
増殖を続けることになります。

 

 

当然悪化しますし、周辺組織へと転移していくので、
それによって生命を維持することが難しくなります。

 

 

これを防ぐためには、日頃から免疫力を
高める努力をすることが肝心と言えます。

 

 

免疫力とは免疫細胞の働きのことなので、
高めるためには免疫細胞の数を増やしたり、
強化したりすることが必要となります。

 

 

免疫細胞は、血液によって全身を
循環しています。

 

 

したがって血行を良くすれば、それだけ多くの
免疫細胞が、癌細胞が生み出された場所に
届けられることになります。

 

 

つまり、効率良く退治できるようになるということです。

 

 

そして血行は、体を動かして体温を
高めることで良くなります。

 

 

激しい運動を短時間行うよりも、ウォーキングなど
比較的穏やかな運動を20分以上続ける方が、
体温をしっかりと高めることができます。

 

 

また免疫細胞の働きを高めるためには、
健康食品を利用することが効果的とされています。

 

 

特に高い効果が期待できると言われているのは、
乳酸菌やβグルカン、フコイダンなどが
含まれている健康食品です。

 

 

これらにより免疫力を高めることができれば、
体は癌細胞の影響を受けにくくなります。

 

 

そのため発症率を下げるために、そして発症後も
長く生きるために、多くの人が免疫力を
高める努力をしています。

 

 

癌に効果が期待できるサプリメント