インフルエンザに対して免疫力を高める

インフルエンザなどに対して免疫力を高める

インフルエンザなどに対して免疫力を高める
必要があります。

 

 

寒い季節になってくると、風邪やインフルエンザなどの
感染症が増えてきます。

 

 

免疫力を高める工夫をしましょう。

 

 

免疫とは、言葉の通り「疫(やまい)を免れる」と
いう意味です。

 

 

免疫は、病気を起こす病原体の侵入を防ぐとともに、
増殖をおさせ、感染症という病気から
逃してくれることができます。

 

 

いろいろな病気に対する防御システムで、
感染症から守ってくれますが、何らかの
免疫システムの不調によって自分自身を
攻撃してしまう。

 

 

無害な物質を勘違いして攻撃してしまう
アレルギーを起こしたり、免疫が働かない
「免疫不全」を引き起こしてしまう場合もあります。

 

 

そんな免疫ですが、正常なシステムの
免疫力を高めると、風邪やインフルエンザなど
感染症が増える季節に、驚くほど身を
守ってくれるのです。

 

 

これらの感染症にかからないための
予防策として、免疫力を効果的に
高めることはとても大事になります。

 

 

免疫には、細菌・ウイルスなど病原体
すべてに対する防御反応として働く
「自然免疫」と、一度侵入した病原体が
再び侵入した時に防御反応として働く
「獲得免疫」の2つの種類があります。

 

 

例えば、インフルエンザを例にすると、
前回かかった季節性インフルエンザには
免疫記憶があるので、抗体が分泌されて
感染を防いでくれますが、新型インフルエンザ
のような新しいウイルスには免疫記憶が
ないので抗体の活躍を期待できません。

 

 

しかし、自然免疫の力を強固なものに
できるようになれば、新型インフルエンザのような
新しいウイルスにも対抗できる可能性がでてくるのです。

 

 

自然免疫は病原体すべてに対して働きますが、
細胞の中の白血球が病原体を自分の中に
取り込んで、そのまま一緒に死んでしまいます。

 

 

前線の兵士のように身を呈して
守ってくれるのです。

 

 

そこで自然免疫を高めるために、
大事になってくるのが白血球の活性化です。

 

 

白血球を活性化させるためには、
まず、食事面の改善です。

 

 

白血球が常に増えていくためには、
たんぱく質、脂肪、糖分、ミネラル、
葉酸など豊富な栄養素をバランスよく
適正な量を摂ることが必要です。

 

 

インフルエンザ予防でヨーグルトを食べることも
おすすめです。

 

 

腸内環境を整えることで免疫力を
高めることに繋がるからです。

 

 

また、睡眠も重要です。睡眠不足の人は、
感染症にかかるリスクが高いといわれています。

 

 

ストレスもまた免疫力を落としてしまいます。

 

 

自律神経のバランスが崩れると白血球に
必要な栄養が不足してしまいます。

 

 

質のいい睡眠でゆっくり休むことは、
免疫力を高めるために大変重要なのです。

 

 

そして、適度な運動をすることも大事です。

 

 

適度な運動は、筋肉を動かし、体の内側から
温めるので、免疫力を高めるにはとても
効果がある方法です。

 

 

免疫力を上げるために欠かせない細胞は、
体の代謝を上げることでより活発になります。

 

 

ただし、ハードすぎる運動は、疲労の
蓄積や炎症反応の繰り返しにより、
免疫力が低下してしまいます。

 

 

ウォーキングやラジオ体操など、自分が
無理せず続けられる運動をしましょう。

 

 

免疫力を高めるために運動を行っても、
体力的な疲労が蓄積されたままだと
かえって免疫力は低下してしまいます。

 

 

運動後はストレッチや入浴で、心身ともに
リラックスできる疲労回復を早急に行いましょう。

 

 

どれも当たり前のことですが、毎日徹底して
続けるとなると難しいものです。

 

 

「継続は力なり」の精神で免疫力を高め、
健康的な体を作りましょう。

 

 

免疫力におすすめのサプリメント