水で免疫力を高める

水を飲むことで免疫力を高めることができる!?

水を飲むことで免疫力を高めることができる
のでしょうか?

 

 

免疫力を高めるにはバランスよく栄養を摂ったり、
定期的に運動をしたりすることが一般的です。

 

 

ですがこれらはなかなか実行したり継続するのが
難しいという方も多いでしょう。

 

 

そんな方にはもっと手軽に免疫力を
高める方法があります。

 

 

人間の体の約60%は水分でできているので、
水分の取り方を工夫することでも免疫力を
高めることができます。

 

 

1日に2リットルの水を飲むと健康やダイエットに
良いという話はよく耳にすることでしょう。

 

 

ただ2リットル飲めばいいというわけではなく、
どんな水を飲むか、いつ飲むか、どのぐらい
飲むかということが重要です。

 

 

水分は体内において血流を良くして酸素や
栄養分を各所に届けたり、老廃物を
尿という形で体外に排出するなどの働きをしています。

 

 

水分を過剰に摂ると体が浮腫んでしまいます。

 

 

逆に足りないと循環機能が落ちてドロドロの
血液になり免疫力が低下してしまいます。

 

 

水分を適切に摂ることで免疫力を
高めることができるのです。

 

 

水はのどが渇いたときに一度に大量に
飲むのではなく、コップ1杯ぐらいの量を
定期的に飲むことが大切です。

 

 

のどが渇いてから飲んでいては遅いと
言えます。

 

 

のどの渇きを感じないようにこまめに
水分補給をしなくてはなりません。

 

 

冷たい水は胃腸を一気に冷やして
消化機能を低下させてしまいます。

 

 

夏などは冷たい水を飲む方が精神的には
気持ちが良いですが、体には良くありません。

 

 

夏であっても常温の水を飲むと良いでしょう。

 

 

体が冷えているときには白湯を飲むと体が
温まると共に、胃腸も温まり消化機能が
向上して免疫力も高めることができます。

 

 

また、朝起きた時は内臓の活動が少ないので、
内臓を活発にするために白湯や水を飲むことが
有効です。

 

 

睡眠中は水分補給することができないながら、
水分は失われていくので睡眠前に水分補給
しておく必要があります。

 

 

水を正しく摂取することは、すぐに免疫力を
高める効果が出るわけではありませんが、
習慣的に行うことで免疫力を高めることができます。

 

 

免疫力はブロリコもおすすめです!