お風呂で免疫力を高める

お風呂でしっかりと高める免疫力について

お風呂でしっかりと高める免疫力について
説明しています。

 

 

身体の免疫力というものはベースとなる
身体を守ってくれる自衛機能なのですが、
やはり年齢とともに衰えてくるものとなっています。

 

 

免疫力に関しては高める方法は日々の
生活習慣と結びついてくるのですが、やはり
日本人らしいものとしてはお風呂が人気ですね。

 

 

お風呂に関してはちょっと前に半身浴などが
流行りましたが、やはり年齢を召した方だと
江戸っ子風呂などが好きという方もいると思います。

 

 

ですが免疫力を高めるお風呂の入り方としては
この温度というものが大事となってきており、
あまりにも高温だと免疫力に限っては
逆効果となることもあります。

 

 

一般的な免疫力を高める効果がある
お風呂の温度としては、体温+4℃というもの
あるので大体39℃から40℃辺りが適切な
温度となっております。

 

 

免疫力を高めるためにはしっかりと身体の
芯まで温める必要があるのですが、この温度帯は
半身浴でも好ましいとされているのでやはり
熱すぎる温度はあまり良くないとされています。

 

 

お風呂のに関してはお腹を温める効果が
あるとしても人気がありますが、実は腸内には
免疫細胞の七割が存在するということが
分かっておりこの箇所を温めることによって
免疫力が改善されるので、やはりお風呂は
大切ということがわかります。

 

 

免疫力を高めるお風呂の入り方としては
温度の他にも時間が大切になってきます。

 

 

よくカラスの行水という短い時間での入浴を
している人もいるそうですが、これは身体の
芯まで温まらずに腸も活発にならないので、
免疫力の面ではおすすめできません。

 

 

免疫力を高めるお風呂の時間としては
全身浴と半身浴でまた違ってくるのですが、
全身浴ではおよそ10分程度、半身浴では
30分〜1時間となっています。

 

 

もちろんその間はしっかりとリラックスをすることも
免疫力を高めるためには大事な点となってくるので、
自分の好みにあった入浴方法を選んで
気分的にも癒やされましょう。

 

 

このように免疫力を高めるお風呂の
入り方というのは、温度と時間が大事な点となります。

 

 

免疫力を高めるサプリメント