免疫力を高める食材

免疫力を高めるために食べたい食材

免疫力を高めるために食べたい食材を
ご覧ください。

 

 

免疫力が低下をすると、風邪やインフルエンザなどに
かかりやすくなります。

 

 

健康な体を維持するには、免疫力を
高めることがポイントです。

 

 

免疫力は加齢、ストレス、生活習慣で
低下をするといわれています。

 

 

加齢は避けることができないし、ストレスを
取り除くことも難しいです。

 

 

しかし、普段食べる食材に気をつけることは
できます。

 

 

では、どのような食材が免疫力を高めることに
役立つのでしょうか。

 

 

免疫細胞はタンパク質でできています。

 

 

そのため、免疫力を高めるには材料となる
タンパク質が必要です。

 

 

タンパク質が多い食材は、卵、乳製品、大豆、
魚、肉などです。

 

 

それぞれの食材にはタンパク質以外の
栄養素も含まれているので、さまざまな
食材からタンパク質を摂取しましょう。

 

 

呼吸のために体内に取り込んだ酸素の一部や、
ストレス、喫煙、大気汚染、睡眠不足などが
原因で、体内を酸化させる活性酸素が発生をします。

 

 

活性酸素は細胞にダメージを与え、免疫力を
低下させます。

 

 

そのため、抗酸化力が高い食材で活性酸素から
守ることも大切です。

 

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは
抗酸化作用があるビタミンです。

 

 

ビタミンAはレバー、うなぎ、卵黄などに
多く含まれています。

 

 

βカロテンから体内で合成することもできます。

 

 

βカロテンはほうれん草、かぼちゃ、
ニンジンなどに多く含まれています。

 

 

風邪のときにビタミンCを大量に摂取すると
風邪の治りがよくなるといわれています。

 

 

ビタミンCは免疫力の主体である白血球の力を
高めるサポートをします。

 

 

レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤パプリカなどに
多く含まれています。

 

 

ビタミンEはビタミンAやビタミンCと一緒に
摂ると、相乗作用で免疫力をより
高めることが期待できます。

 

 

うなぎ、アーモンド、アボカド、かぼちゃなどに
多く含まれています。

 

 

これらの食材に免疫力を高める力が
期待できます。

 

 

しかし、同じものばかり食べていると
栄養バランスが崩れてしまい、免疫力を
高めることが難しくなります。

 

 

これらの食材を意識しつつも、
バランスがよい食事を心がけましょう。

 

 

そして、食事を整える事ができない場合は
免疫力のサプリメントをご覧ください。