免疫力を高める睡眠

免疫力を高めるための睡眠とは?

免疫力を高めるための睡眠とは?

 

身体の調子が良くない…ということでお悩みの方も多いのではないでしょうか。しょっちゅう体調が悪くなってしまうと言う場合や、体調不良を起こしやすいという場合、風邪を引いたらなかなか治らない…という場合、免疫力が弱っている可能性があります。
身体は、免疫を持っていて、特定のウイルスなどに打ち勝つ力を持っています。
しかし、免疫力が弱っていたり、免疫力が下がってしまっているとこういったウイルスなどに簡単にやられてしまいます。
そこで、体調不良などに悩まされている方は、免疫力を高める必要があるといえるでしょう。
免疫力を高めるためには、生活習慣を見直してみたり、規則正しい生活を送ることが必要ですが、中でも睡眠は非常に大切なポイントであるといえるでしょう。
特に、免疫力をしっかりと高めるためには、睡眠と言っても、睡眠の質を高める必要があります。
そこで、睡眠の質を高めて、免疫力を高めるにはどうしたら良いのでしょうか。
まず、睡眠の質を上げるためには、眠る2時間前には食べ物を食べないようにして、アルコールなどもひかえるようにしましょう。
暴飲暴食は控える必要がありますし、暴飲暴食でなかったとしても、寝る直前に食べてしまうと、ぐっすりと深い眠りにつくことが出来ません。
また、アルコールを寝る前に摂取してしまうと、アルコールを分解するために、肝臓などが働いている状態で睡眠を取ることになり、質の良い睡眠を得ることが出来なくなってしまいます。深い睡眠をとり、免疫力を高めるためには、寝る前に食べたり飲んだりは、避けておくようにしましょう。
また、免疫力を高めるためには、睡眠の時間を適切な時間に取る必要があります。特によるの22時以降は、成長ホルモンが分泌される時間帯なので、就寝をしておく必要があります。
身体の不具合を修復したり、あるいは弱っている身体を回復させたりする働きがありますので、この時間帯には、ベッドで寝るようにしておきましょう。